8日間のプラハでの旅の様子
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2007/12/19 Wed 13:32
プラハに着いたら、日本では嗅げない様な甘い香りが漂ってきました。
それは、人が付けている香水類だったり、車、部屋の芳香剤だったり、洗濯されたばかりのきれいなバスタオルからだったり、それらが混ざって常に甘い香りでした。

旧市街にある宿から出ると、周りの建物から人の気配?
いいえ、生きた人間の気配ではありません。
有名無名な建物問わず建物に像や個性的なレリーフが付いているじゃありませんか!
狭い道路に建物が大きくデーンと建っているのでフレームに治まりきれないから写真が撮りづらい。
それに全部撮っていたらきりが無い。

IMG_1025.jpg

IMG_1033.jpg

IMG_1010.jpg

IMG_1013.jpg

IMG_1019.jpg



プラハに住んでいる人は、いつもこういう建物のある中で暮らしているんだなぁ。
凄いなぁ。圧倒されっぱなしです。


でもそんな甘い香りも、上からの視線も2日で慣れてしまいましたけどね。
(像を是が非でも写真に撮らなきゃいけない呪縛から開放)
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://karoliny.blog4.fc2.com/tb.php/2-7de7aab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 待降節にチェコにチェコっと暮らす旅 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。