8日間のプラハでの旅の様子
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
1st advent 
2007/12/20 Thu 13:54
今年のAdventは12/2から始まりました。日本の年末と一緒で各所で門松が売られているようにツリー用のモミの木や枝やリースが売られています。
bIMG_1376.jpg私はアドベント前から準備をしてその日になったら「さぁ飾りましょう」って一斉に飾るのかと思ってましたが、この日から準備を徐々に始めてクリスマス気分を高めていくようです。
IMG_1455.jpg
モミの木というより日本の正月に飾る松ぽっい種類も売られてました。
IMG_1385.jpgIMG_1374.jpg
アドベントリースも売られてますが、聖ルドミラ教会では日曜のミサ時に集会場でアドベントリースを皆さんで作っていたようです。皆さん手に手に自作のリースを持って帰っていきました。
IMG_1375.jpg ヤドリギです
IMG_1370.jpg金色に色づけされたものも売ってます。
IMG_1459.jpg松ぼっくりのリースです。ワイヤーで繋いで作ってありました。

dIMG_1454.jpg
この枝は初めて見る枝です。チェコ特有のクリスマスの飾りなんでしょうか?どこかの店でクリスマスのアレンジに一緒に生けられていたんですが、この枝だけ買っていく人もいたり、この枝をマーケットの片隅で1~3本の束をおばあさんが地べたに並べて普通の花屋より安くない値段で売っている姿も見たのです。

IMG_1397.jpg

この「チェコッと暮らす」で、クリスマスの飾りを部屋にするって言う願望があったのですが、モミの木を買ってリース作りやフラワーアレンジまでは心に余裕が無いし、日本に持って帰れないという理由から断念しました。でも諦めきれないので仕方なく上から5番目の左側に写っている干草の土台のリースだけ購入しました。日本では干草のは売ってませんね。匂いを嗅ぐと干草の良い匂い。ハイジのベットの匂いなんでしょうね。売られているもみの木のリースは習ったのと同じ作り方でした。モミの木の匂いはずーっと嗅いでいたい匂いです。ただヤニでリース作りをしていると手は真っ黒になりますが。

ヤドリギは前回のドイツで見つけたのですがもう帰る間際だったので買うの諦めましたが、今回は1週間あるのでどうしても飾りたくて購入しました。アパートの天井やドアは高くて付けられないので、窓の鍵に付けてみました。今回の旅の目的その1完了。

チェコ人が生のモミの木の枝を買っている姿をよく見ました。スーパーには、大量生産のプラスチックで出来たリースが売られているのですが、それよりフレッシュな枝が好まれているみたいです。自分特有のデザインで飾り付けするのでしょうか?残念な事に車窓などから見えた個人住宅には飾られていませんでした。

そういえば、週末の朝の4時台にNHKの趣味の園芸とおしゃれ工房がドッキングしたような番組をやってました。チェコの江尻光一さんみたいな人が蘭の植え替え作業を教えていたり、若い男性がおばさんメインパーソナリティーにクリスマスのフラワーアレンジとリースを紹介していたり、チェコのキャッシー中島的な人がマッチの空き箱を使って汽車のアドベントカレンダーの作り方を紹介していた番組でした。その番組が終わるとなぜかテレビ放送終了になってカラーバーが出てきた。5時台は番組無かったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://karoliny.blog4.fc2.com/tb.php/6-c5f8e84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 待降節にチェコにチェコっと暮らす旅 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。