8日間のプラハでの旅の様子
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/01/02 Wed 19:04
ルドルフィヌムにあるドボルジャークホールに行くのがこの旅の目的でもあったのに、日本からコンサートがある日時もちゃんと調べて行ったのに。。。。

ホールを早く生で見たい見たい、チケットはホールでも売っていると勝手に確信しちゃって舞い上がっている我々がルドルフィヌムに着くと中の売店には、お土産品や土産程度のCDとDVDしか売っていなくて肝心のチケットは売ってませんでした。

前の広場で机一つ寒空の中チケット売っているおじいさんから貰ったチラシの
IMG_3097.jpg

コンサートを良く確認せずにもうここで見られるのはここで買うしかないのねと思い込んでチケットを買ってしまったのでした。

冷静に考えるとコンサート名が違う、チケット代が違う、何処にもドボルジャークホールと書いていないんだよね。

でも、私達なりの正装でコンサートに出掛けました。

私達のチケットでは、正面エントランスから入れてもらえず。
そうなんです、中では行きたかったコンサートが上演中だったのです。
そちらのお客様を見ると、我々の服装ではドレスコードに引っ掛かりそうで
やっぱり観光客目当てコンサートじゃないと駄目なのかなと諦めがつきました。

小ホールでのコンサートで小編成のオーケストラ。
1曲ごとおぼつかない足取りで引っ込む老指揮者。
やっぱり約1時間ぐらいのプログラム。それでもちょっと退屈な内容だったな。
外国人は、しつこくアンコールするんだね。やっぱりきりが無いからか最後には指揮者がコンサートマスターに引っ込めの指示をしちゃった。

ここは内部の写真撮影は禁止。
唯一許されている正面エントラス部分の通路。IMG_1045.jpgあのドラマでここを使ったのではないかと。

IMG_2953.jpg


IMG_1050.jpg








スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://karoliny.blog4.fc2.com/tb.php/8-9af9ac55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 待降節にチェコにチェコっと暮らす旅 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。